Twitter アプリのアクセストークン作り直し手順

先日Twitterアカウントがロックされた。ロックは解除され、ブラウザからは投降できるのだが、以後、自作アプリからの投降が全部401で弾かれるようになる。アクセストークンの再作成は半年前に行った筈だが忘れているのでここに記す。
0.Twitterにブラウザでログインしておく。
0.5 最近は自分の電話番号を登録していないと駄目(APIキー作成時にエラーになる)
どうやら Twitter 社は日本人に Twitter API Key を取得させる気がないらしい | phiary
アカウントへの携帯電話番号の登録方法
1.https://dev.twitter.com/ にアクセス。→どうも https://apps.twitter.com/ に変わった模様。
2.左メニューの「Manage My Apps」をクリック。自分のアプリ群の管理画面に遷移する。
3.「(自分のアプリ名)」をクリック。「Details」画面に遷移する。
4.「(manage keys and access tokens)」をクリック。「Keys and Access Tokens」画面に遷移する。
5.画面下の方に以下の文章が表示されている筈

You haven't authorized this application for your own account yet.

By creating your access token here, you will have everything you need to make API calls right away. The access token generated will be assigned your application's current permission level.

6.上記文書の下の、「Token Actions」下の「Create my acccess token」ボタンをクリックする。画面が更新される。
  Access Token、Access Token Secret 等々が表示されている筈。何故かConsumer Key や Consumer Secretも変わる?
7.上記情報をtwitter4j.propertiesにコピペ