我らひとしくギャルゲヒロイン (角川コミックス・エース)

バグにより自分がギャルゲーの登場人物である事を自覚した「幼馴染」「委員長」「義妹」「親友」。今日も主人公による攻略に抗え!
という話。
第一話で、あの手この手で何とか主人公の魔の手から逃れ切って「これで晴れて自由の身!」と喜ぶとすぐに「2周目」が始まって「無限地獄!」と自分達で言う。
が、その後は無限地獄の件については左程気にしないで、今回のルートをどう過ごすかに注意が向くのは所詮はAIよのぉ、ということか。
登場人物が自分をフィクション中の存在と自覚する話は多いけど、小説や映画と違い、攻略対象が多くて何度も同じ時間をプレイする事が前提の「ギャルゲー」なので時間ループと合わせ技になってるのが面白い。
今回は自分達ではなくてNPCが攻略対象らしいのでサボったり、今回はエンドシーンが20年後なのでこの後どう過ごそうみたいな。

我らひとしくギャルゲヒロイン<我らひとしくギャルゲヒロイン> (角川コミックス・エース)我らひとしくギャルゲヒロイン<我らひとしくギャルゲヒロイン> (角川コミックス・エース)
じゅうあみ

KADOKAWA / 角川書店 2016-05-26
売り上げランキング : 9235

Amazonで詳しく見る
by G-Tools