4月からの手帳買った

 今年は博文館のB6の1ページ2日日記にしようと思っていたのだが4月始まりは絶版
 仕方ないのでマークスのEDiT(マークス EDiT手帳 2017 4月始まり B6変型 1日1ページ シンプルジャケット ネイビー 17SDR-ETA04-NV)だ。今使ってるNOLTY U365に似ているが幅が微妙に大きくて、カバー含めると丁度B6サイズ。
 表紙が硬くてゴムバンドの付いている奴が素敵なんだが、あれはカバー裏の折り返し部分に紙、具体的には住所録リフィルを挟めないという致命的弱点があるので残念ながら普通のカバー付きのやつにした。
 紙はU365よりも良いものらしくて万年筆でも全然にじまない。月や曜日が英語で書かれているので6月と7月を一瞬迷ったり火曜と木曜を一瞬迷ったりと違和感があるがそのうち慣れるだろう。
 U365は予定を上に書いて、本体に日記、の使い方が想定されているが、これは本体に予定と日記、下にあとでやらないといけない事を書くらしい。