ポケモンカードステーション

 かねてよりポケモンカードステーションという所に物凄く行きたいそうなので、南船橋ららぽーとTOKYO-BAYに行った。
 ポケモンカードステーションとは、ポケモンセンターなるポケモン玩具専門店に併設されているフリー雀荘だ。卓が10卓程並べられていて、ここで日夜、地球の命運を賭けたカードバトルファイトが行われてる。今や世界中の政財界のもめごとは全て麻雀かポケカガンダムファイトで決まっているのは諸君も知っての通り。そしてポケモンカードステーションのあるポケモンセンターは日本にただ一つ、ポケモンセンター東京ベイのみなのだ。行くと決まった昨夜はいつの間にか100枚以上に増えていたポケモンカードでデッキを熱心に検討してた。ちなみに持ってるカードで一番強いのはアクジキングという奴でこいつが大変格好悪い。
 なお「東京ベイ」と言いつつここは東京駅から京葉線快速で西へ30分の南船橋駅から更に徒歩10分の千葉県の原野だ。まぁ東京ディズニーランドも舞浜だし新東京国際空港よりはだいぶ東京だろう。そもそも千葉がどうこうより東京駅構内で京葉線ホームまでの距離が遠い、遠すぎる…。超進化速度ーとか言って動く歩道を走って叱られてるし。超進化速度と言えば、そもそもあのホームは成田新幹線用だった筈だが成田空港反対運動の煽りを受けJRが嫌気を刺し成田新幹線がとん挫した結果だっけか。昔はダム、空港、鉄道等、とにかく国が主導で行うでかい工事は左派の目の敵、北総線などではJRの偉い人が闇討ちに遭って全身麻痺になった挙句自殺したそうな。新幹線と言えば鉄道の王者、しかも成田空港行きともなればどれほど左派に反対された事か…。まぁ結局、成田エクスプレスとか京成スカイライナーができたけどな。つまり国民の需要はあったと。左派は毎度国民に迷惑ばかり掛ける。
 んでららぽーとTOKYO-BAYでけぇ…。ダッシュされると見失いかける。ここで迷子になるとさぞ面倒だろう。
 着いたらまずフードコートで100時間カレー食べた。あまり辛くない。フードコートは凄く混んでいたが、まぁフードコートにしては椅子と机が比較的マシだったのでよし。私はあんまりフードコートは好きでないんだが。
 で、ポケモンカードステーションとやらがあるという2Fに行ったら、どうもいきなりエスカレータ横がそうだったらしく、降りるや否や一瞬で目ざとく見つけてダッシュで店に駆け込んでいた。私より先に見つけるとは生意気な。嘗てはカルタで私が先に見つけても手をじわじわじわーっと伸ばさないと駄目だったのに。
 入ったら割とすぐに知らない子に声を掛けて対戦してて偉い。私自身はそれが苦手で長年やらなかった結果、今や大好きなバーチャロンの新作を買う時も、ネット対戦という発想が無かった始末だというのに。ちなみにプレイステーションネットワークの料金惜しさに未だに他人と戦っていない。確かに、例えば楽しそうにしている赤の他人グループを見かけた時、(実際にやるかどうかは別として)やりようによっては仲間入りできる可能性は常にあるんだよな…すっかり忘れていた。
 私が付いてる時は、机の横に大人が立ってても邪魔だし、60枚デッキなのでどうせ1プレイ30分はかかるので、始まったら店外の休憩所っぽいソファに行ってた。ソファの前の床には天井から映像が投影されその上を通って踏むとリアクションがある現代芸術が設えてあり、通りがかりの幼児たちが魚やボールを踏み殺そうとドタドタ、ぎゃーぎゃー騒いでいて可愛かった。ちょっと居眠りした。あとくまざわ書店へ行ったが大して大きくも無かった。
 所謂大きいお友達もそこそこ居た。相手してくれたお兄さんはポケモンというよりグラブルな感じの謎の萌絵の痛デッキシールドを使っていた所を見るに、おそらく名のある達人に違いない。
 ちなみに本日は7戦1勝6敗だったそうな。私が思うにアクジキング頼り過ぎデッキなんだよな。アクジキングは大食いだからデッキがアクエネルギーカードだらけになり肝心のポケモンが手薄。つかアクジキングは1枚しか持ってないからもし最初にサイド落ちしてたらその時点でアウトだし。